スタジオアリス「フォト缶マグネット」とカメラのキタムラ「缶バッジ」~詳細と比較~

最近、スタジオアリスのeスマイルから「フォト缶マグネット」を注文しました☺。
また、カメラのキタムラでも「缶バッジ」のマグネットタイプを作成しています。

ほぼ同じ画像で作成してみましたので、比較してみた結果をご紹介します🌟。

スポンサーリンク

スタジオアリス フォト缶マグネット

商品概要

スタジオアリスのフォト缶マグネットは、842円(税込)。直径約7.5cmの円型です。
この商品は、マグネットの写真周囲のデザインを
①デザイン無し
②モンスターズユニバーシティ ブルー
③モンスターズユニバーシティ グリーン
の3種類から選ぶことが出来ますが、デザインがあるとその分写真面積が小さくなりますのでご注意ください。

同値段でフォト缶バッジも作ることができ、裏面にマグネットが付いているのがマグネット、安全ピン&クリップが付いているのがバッジ、となります。

作り方

フォト缶マグネットを作るには、2つの方法があります。

①店頭で、商品セレクトの際に選んで注文する
②後日、eスマイルで焼き増し注文する

普通は①でしょうか。
私もこれまで①でしか作ったことがありませんでしたが、今回は、追加で両親にお気に入りの写真を贈るため②の方法で作成しました。

ここで注意点。

①の店頭注文だと、写真は基本的に子供の顔のアップ(顔のみ)となります。
私が行っている店舗だとそれ以外は出来ず、身体とバランス良く入れることは出来ませんでした。例え家族写真をベースにしても、出来上がる商品は子供の顔のみです。

②のeスマイルでの焼増し注文だと、”顔のみ”という制限はありません。ベースに全身写真等を使えば、ある程度は身体も入れることが出来ます。商品選択時に、選んだ写真の拡大縮小や、上下左右の位置合わせを行うことが出来るからです、
但し、やはり基本的には顔のみの商品であるためか、写真の一定以上の縮小は出来ないようになっています。ある程度拡大された状態が基本状態であるため、ベースに全身写真を使ったとしても、フォト缶マグネットに全身全てを入れることは不可能でした。
ベースに子供1人のアップ写真を使った場合は、ほぼ顔しか入りません。もう少し融通が利くと良いのですが・・・😥。
でも、家族写真をベースにした場合、構図にもよりますが全員納まるものを作ることも出来ます。私が過去に撮影した家族写真を使って確認した範囲だと、顔が見切れずに全員分納まったのが8割ほどでした。

①でも②でも作成できるのは「スタジオアリスで撮影した写真」からのみです。自分で撮影したデジカメ等の写真から作ることは出来ません

カメラのキタムラ 缶バッジ(マグネットタイプ)

商品概要

カメラのキタムラの缶バッジ(マグネットタイプ)は、470円(プリント代・税込)。直径約5.4cmの円型です。

この商品は、自分で持ち込んだ写真を使って作成します。ですので、拡大縮小はかなり柔軟に対応出来ますし、加工済みの写真を持ち込むことも出来ますし、店頭で文字を入れたりスタンプを押したりの加工をすることも出来ます。デザイン性という面では、かなり自由です。

また、缶バッジは、裏面に安全ピンが付いた「安全ピンタイプ」も362円(プリント代・税込)で作ることが出来ます。

作り方

カメラのキタムラでは、缶バッジの取り扱い店舗に行くことで作成出来ます。


詳細は過去記事をご参照ください。

カメラのキタムラで、缶マグネットを作成しました♪
先日、カメラのキタムラにて、子供の写真を使った缶マグネットを作成してきました。 とっても簡単に可愛いマグネットが作れましたので...

フォト缶マグネットと缶バッジ(マグネットタイプ)の詳細と比較

両者を並べてみた写真がこちら🌟
(サイズ感が分かるように、トイザラスのカードを一緒に並べてみました)

magnet_alice_and_kitamura_1
magnet_alice_and_kitamura_2

サイズ

並べてみると、スタジオアリスの方がだいぶ大きく感じます。

サイズは、スタジオアリスが直径約7.5cm、カメラのキタムラが直径約5.4cmです。
また、裏面のマグネット面積もスタジオアリスの方がかなり大きいですね。マグネット周囲の金属部分の大きさがほぼ同じなので、全体の大きさの差分が全てマグネットの差分になっています。
スタジオアリスのマグネット部は直径約5.5cm、カメラのキタムラのマグネット部は直径約3cmです。

厚み

magnet_alice_and_kitamura_3
magnet_alice_and_kitamura_4

写真が上手く撮れないのですが、厚みが少しだけ違います。スタジオアリスが約5mm、カメラのキタムラが約6mmです。

カメラのキタムラの方は、マグネット部の厚みが金属部から1mm分くらい飛び出していますが、スタジオアリスの方は金属部とほぼフラットなので、その分の差だと思われます。
それ以外については、厚みはほぼ同じように感じられました。

質感

ほとんど同じです。

表面はつるつるですが、よーーーーーく見ると、中に使われている写真の違いか、スタジオアリスの方は細かい凹凸が見えるような・・・。(スタジオアリスでプリントした写真のような質感です。)カメラのキタムラの方は通常プリントした写真を使っているので、そのような凹凸感はありません。
でも、本当によーーーーーく見ないと分からない程の違いなので、通常は全く気にならないと思います。

後は、カメラのキタムラの方は少し裏面のマグネットの貼り位置が雑な感じがします。
同時に3個作りましたが、物によってはマグネットの位置が偏っていたりと、バラつきがありました。
スタジオアリスの方も多少の偏りはありますが、マグネットがきっちり金属部に埋まる構造になっているのであまり気になりませんでした。
カメラのキタムラの方は、マグネット部が外に出ていてよく見える為、気になりやすいのかもしれません。
まあ、どちらにしろ裏面なので、貼っている時には全く見えません。

磁力

カメラのキタムラの方が強いです。
マグネットの面積はスタジオアリスの方が大きいので、当然磁力もスタジオアリスの方が強いだろう、と思ったら違って驚きました😵。
マグネットが飛び出している分、マグネットの厚みがあって磁力が強いのかもしれません。

冷蔵庫に貼り付けてみた私の簡易実験では、
スタジオアリス :広告紙2枚まで
カメラのキタムラ:広告紙6枚まで
でした。

結構違いますね。
たくさん貼りたいものがある場合には、カメラのキタムラの方が良いかもしれません。
(私が持っているマグネットの場合です。もしかしたら個体差があるかも??)

まとめ

両者の比較を一覧にまとめてみます。

比較項目 スタジオアリス カメラのキタムラ
値段 842円 470円
使用出来る写真 スタジオアリスで撮影した写真 何でも可
レイアウト 制限あり(基本は子供の顔のアップ 自由
加工等 加工は出来ない
デザインは3種。
自由に加工出来る
写真サイズ 直径約7.5cm 直径約5.4cm
マグネットサイズ 直径約5.5cm 直径約3.0cm
厚み 6mm
(マグネットが金属部とフラット
5mm
(マグネットが金属より飛び出ている
質感 中の写真の表面に細かい凹凸感がある
(通常のスタジオアリスのプリントの雰囲気)
写真の凹凸感は無い
磁力 弱い
(広告紙2枚)
強い
(広告紙6枚)

私の趣味のような比較ですが、いかがでしたでしょうか?
ご参考になるところがあれば幸いです😊🌟

カメ家では、両親がスタジオアリスの「フォト缶マグネット」を気に入ってくれているので作った時にはプレゼントしているのですが、顔しか入らないので他に身体も入るマグネットが無いかなあと思い見つけたのが、カメラのキタムラ「缶バッジ(マグネットタイプ)」です。

カメラのキタムラだと、レイアウトがかなり自由に出来るのが嬉しいですね。
少し小さいので、もう少し大きいとなお嬉しいですが。
全身写真で作っちゃうと、顔がよく見えなくなっちゃうので😖。

スタジオアリスの「フォト缶マグネット」は、お値段もお手頃で写真のデータ数を稼ぐのに良いと思います。私は全身入れたいことが多くて角型キーホルダーを選びがちですが、良い表情の写真があった時には「フォト缶マグネット」を選んだりします。
「フォト缶マグネット」、サイズも大きいし、身体まで入れてくれれば言うことないのですが・・・😥。これだけはとても残念です。

ちなみに、今回eスマイルで注文して作った「フォト缶マグネット」は子供1人の上半身写真をベースにしていますが、これが最も写真を縮小している状態です。これ以上顔を小さく&身体が入るようにすることは出来ませんでした。
店頭注文だと、もっと顔をアップした感じになると思います。

とは言え、出来ないことは仕方がないですね😣。
今後も両者を上手く使い分けて、カメ家用に実家用に、マグネットを作成していきたいと思います♪
冷蔵庫に子供のマグネットが貼ってあると、ふとした時に目に入ってとても和みますよ~☺。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

関連コンテンツ