マイブックで沖縄旅行のフォトブックを作成!思い出を素敵に残せました♪【レビュー・感想】

マイブック(旅行フォトブック)

以前マイブックで作成した、フォトブック。

高画質なフォトブック「マイブック」を作成。レイアウトの自由さと評判通りの画質に大満足!
フォトブック「マイブック」を作成しました。編集ソフトが使いやすく、とても高画質な仕上がりに大満足です。

次男・カメ吉の妊娠~出産までをまとめたのですが、大満足の仕上がりでした。その後もMYBOOK LIFE の「365」や「seal stand(シールスタンド)」を作り、ご紹介しました。

写真366枚で作るマイブックライフの「365」。実際に作ってみたレビュー・感想
MYBOOK LIFEで作った、366枚の写真で作る日めくりカレンダー「365」。実際に作ってみた感想をレビューします!苦労した点もあるので、参考になれば…。
マイブックライフでseal stand(シールスタンド)を作成!作ってみた感想など。
以前フォトブックを作成してお気に入りになったマイブック。 マイブックにはスマホで簡単に色々なフォトグッズが作れるMYBOOK ...

もうすっかりマイブックにハマっておりますが、今回は、昨年秋に行った沖縄家族旅行のフォトブックを作ったのでご紹介させてください(*^-^*)。

スポンサーリンク

完成したフォトブック♪

まず、こちらが出来上がったフォトブックです。

マイブック(旅行フォトブック)

半透明のボックスに入っているので、高級感がありますよ。
表紙の写真は悩んだのですが、沖縄らしいものにしたかったので、首里城で撮った写真を選びました。ちょっと写真の色合いは暗いんですが(^^;)。

私が選んだフォトブックの仕様は、ハードカバーの300Sサイズ&ラミネート加工(光沢)です。
この300Sサイズというのは商品ラインナップの中では一番大きなサイズで、305mm×305mm。ページいっぱいに1枚の写真を載せるととても迫力が出るし、たくさんの写真を載せても見やすいので気に入っています。サイズが大きいとその分お値段も高くなりますが、せっかくのフォトブックなので、写真は見えやすい方が良いなと思っています。写真が小さくて見えづらくなっては、せっかくのフォトブックが勿体無いですしね(> <。)。

とは言ってもフォトブック中での写真の大きさってなかなかイメージしづらいところもあるかと思うので、L版の写真と大きさを比較出来るように、中身をご紹介してみますね。

まずは、大きく写真を載せたページから。

こちら、海が綺麗だったので、1ページにバーンと載せてみました。迫力もあるし沖縄っぽさが出ていて、とても気に入っています。(もっと迫力を出したい場合には、見開き全面にレイアウトすることも出来ますよ。)

次は、たくさんの写真を配置したページです。

マイブック(旅行フォトブック)

こちら、見開きで10枚の写真を載せているのですが、この場合は1枚1枚の大きさがL版写真と同じくらいです。なので、これだけ載せてもそんなに見にくくはなりません。写真によっては、もっと小さいサイズでも大丈夫かなというところです。

他のサイズのフォトブックを注文する時にも、L版写真のサイズが89mm×127mmということをイメージしながら作ってみると、出来上がりを見た時にギャップを感じないかなと思います。

また、フォトブックの良いところは色々ありますが、私にとっては文章が好きに打ち込めるところがとても魅力的です。勿論、写真を見るだけでも色々な思い出を思い出すことが出来ますが、それでもやっぱり忘れていくことってありますよね。細かい出来事とか、ちょっとしたエピソードとか、今後何年も何十年も覚えておくのは難しいです。
でも、フォトブックを作るときにちょこちょことコメントを入れておけば、それを見ることによってより詳細に当時を思い出せると思うんです。

今回はテンプレートの「JOURNEY」を参考にして作成したので、背景を白色のままにして、ちょこちょこと文字を打ち込んでみました。

マイブック(旅行フォトブック)

マイブック(旅行フォトブック)

これで何年経ってもその時の出来事を思い出せるはずだし、マイブックで作ったフォトブックは綺麗だしで、大満足の1冊が出来ましたー♪
昨年秋に旅行に行った後なかなかフォトブックの作成まで手が回らなかったのですが、やっぱり実際に作って眺めてみるととても良いですね。
写真って、撮っただけではなかなか見返すことがないと思いますので、フォトブックなどでしっかり形として残しておくのを個人的にはオススメしたいです。

今回の旅行フォトブックも、早速長男・カメ太と一緒に何度も見ました。旅行当時のカメ太は写真を嫌がったり変顔にハマっていたりしたため、「なんでカメ太、変な顔ばっかりなのー?にっこりした方が良いのにねえ」「次はにっこり笑って写真撮る―」なんて言っていて、とても微笑ましかったです(笑)。

マイブックは編集作業が簡単です!

マイブックで作るフォトブックの魅力は、画質もさることながら、編集ソフトの使いやすさが大きいと思います。テンプレートも豊富ですので、テンプレートをそのまま使うのであれば、ボックス内に写真を放り込めばそれだけでも作成することが可能ですよ。

例えば、今回私が参考にしたのはテンプレートの「JOURNEY」です。結局、中身は色々と自分でレイアウトを変えましたが、裏表紙はJOURNEYそのままのデザインにしました。


作成するときにテンプレートを選択しても、使いたい箇所だけそのままテンプレートを使い、その他は自分で好きなように変更することが出来るので、とても自由度が高いですよ。

テンプレートの選び方

マイブックでフォトブックを作るためには専用ソフトを使わなければなりませんので、まずはそのソフトを立ち上げます。立ち上げたら、右下の方にある「テンプレートで作成」をクリックします。

するとテンプレートを選択する画面になりますので、好きなものを選んで下さい。

ここで一点お伝えしておきたいのですが、各種テンプレートにはそれぞれページ数が書かれています。例えば「JOURNEY」なら10Pですし、「BABY」なら20Pです。このページ数を見て「ページ数が希望に合わないから使えない」と思う方もいらっしゃるかもしれませんが、これら全て、作成時にページ数を変更することが可能です。よく見ると、上の画面中にも「ページ数は変更できます」と書かれていますが、パッと見ただけでは見落としがちですのでご注意くださいね。

マイブックのテンプレートでページ数を変更する方法

テンプレートを選ぶと、サンプル画像等が入ったテンプレートが表示されます。「ページ」というタブをクリックすると編集中のフォトブックの全ページが確認出来るのですが、例えば「JOURNEY」だと初期状態では10ページ分となっています。

そこで、画面上の中央あたりにある「本マーク(ブックのプロパティ)」をクリックします。

すると、ブックのサイズやページ数等を変更出来る画面が出ますので、ここでページ数をお好きなものに変更してください。

試しに20Pに増やしてみたのがこちらです。空白のページが10ページ分増えていますね。

雰囲気を統一するためこの空白のページもテンプレートと同じデザインにしたい場合には、テンプレートページをコピー&ペーストすることが可能です。

その場合、ページタブの中のお好きなページをクリックして表示した状態で、そのページの上で右クリックします。するといくつか選択肢が表示されますので、「ページ全体をコピー」をクリックしてください。

次に、ページタブ中の空白のページをクリックして表示した状態で、そのページの上で右クリックします。するといくつか選択肢が表示されますので、「ページ全体をペースト」をクリックしてください。

すると、空白だったページにもテンプレートがコピーされます。

このようにすれば、テンプレートを統一したままページ数を追加することが出来ますよ。

テンプレートを利用しても、自由に編集可能

マイブックのテンプレートは、どれもとってもオシャレです。そのテンプレートに写真をあてはめるだけで、素敵なフォトブックが完成します。

でも、写真によってはテンプレートがぴったりはまらないこともありますよね。
マイブックの編集ソフトでは、テンプレートを使っていても自由に写真サイズを変えたり、一部消したり追加したり、本当に自由に編集出来ますので、部分的にテンプレートのオシャレな雰囲気を使いつつ、写真に合ったレイアウトを考えても良いかなと思います。

まとめ

今回も、マイブックでとっても素敵なフォトブックを作ることが出来ました!
元々写真で思い出を残すことが大好きなのですが、出来上がりを見るとやっぱり嬉しいですね(*^-^*)。

それでもやっぱり「でもフォトブックを作るのは大変そう」「作る時間が無い」という方には、おまかせMyBookというサービスもありますよ。これだと、使う写真を選んで送るだけで、デザイナーさんが全て作成してくれます。

仕様が正方形の186mm x 186mmで20Pのみのようなので、もう少しサイズやページ数を選べるとより有難いですが、それでもプロが全ての作成作業を行ってくれるので忙しい方にはとっても嬉しいサービスですよね。
私もまだまだ作りたいフォトブックがあるけれどなかなか作成時間が取れないので、次は是非このサービスを使ってみたいです!

作ったら、またご紹介しますね(*^-^*)ノ

マイブックでは現在キャンペーン実施中。2017年6月7日~22日なら20%オフで作れますので、興味のある方は是非ご覧になってみてください☆
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

関連コンテンツ